パッケージ製品一覧 Packages

EasyLearning for ガルーン(R) 2 試用許諾契約書

EasyLearning for ガルーン(R) 2 試用許諾契約書
株式会社OSK 試用許諾契約書

上部に記載された株式会社OSK(以下、「OSK」といいます。)のソフトウエア製品(以下、「本ソフトウエア」といいます。)を試用されようとしている法人、団体のみなさま(以下、「お客様」といいます。)へのご注意:
本試用許諾契約書(以下、「本契約書」といいます。)は、お客様とOSKの間に締結される法的な契約書です。本ソフトウエアをインストールした場合には、お客様は本契約書の条項に拘束されることに承諾したのものとし、本試用許諾契約(以下、「本契約」といいます。)が成立したものとみなされます。

本ソフトウエアは、著作権法および著作権に関する条約をはじめ、その他の知的財産権に関する法律ならびにその条約によって保護されています。本ソフトウエアはOSKがお客様に対してその試用を許諾するもので、販売するものではございません。

なお、本ソフトウエアには、OSKが著作権を有しない第三者のプログラムが含まれます。これらのプログラムには本契約書の効力は及びません。各プログラムの条件については、本ソフトウエアの試用前に、以下のファイルをご確認ください。

license.htmlファイル
(3rd_party_licenseディレクトリ(ドキュメントルートディレクトリ指定フォルダ)内)

これらの使用条件に同意できない場合は、本ソフトウエアを使用することはできませんので、速やかにアンインストールしてください。

1.定義

1-1.「試用期間」

本契約によって、本ソフトウエアを試用することが認められた期間で以下の期間をいいます。
 ・本ソフトウエアをインストールしてから60日を経過するまで

1-2.「登録ユーザー」

「ガルーン 2」および本ソフトウエアを試用又は使用するユーザとして、「ガルーン 2」に登録された方をいいます。お客様は、お客様の構成員の方のみを、登録ユーザーとして登録することができます。
(お客様による資本参加率が50%を超過する子会社および関連会社はお客様と同一の法人または団体とみなします。)

2.試用範囲

OSKは本契約において、お客様に対し以下の権利を許諾いたします。

(1)お客様は、お客様ご自身が本ソフトウエアの導入検討を目的とする場合においてのみ、試用期間の間、無償で本ソフトウエアをご試用いただくことができます。試用期間を超えて本ソフトウエアを使用する場合には、お客様はOSKから別途本ソフトウエアについて、お客様とOSKとの間でソフトウエア使用許諾契約を締結した上で、本ソフトウエアのライセンスキーを登録しなければなりません。なお、かかるソフトウエア使用権を取得し、ライセンスキーを登録した場合には、本ソフトウエアの試用期間は終了するものとします。ソフトウエア使用権を取得する以外のいかなる場合においても試用期間を超えて試用することはできません。なお、本ソフトウエアは「ガルーン 2」とあわせて使用する目的にのみ、試用することができます。

(2)お客様は、登録ユーザーにのみ、本ソフトウエアを試用させることができます。

(3)本ソフトウエアには別途プログラムをサーバーコンピュータまたはクライアントコンピュータにインストールすることにより利用することができる機能が含まれています。お客様が当該機能を利用するためには、別途インストールするプログラムに添付された条件や、機能を利用するための権利を取得する際の条件に従う必要があります。

3.その他の条件

3-1.複製の制限

お客様は、お客様の入力されたデータをバックアップすることのみを目的に本ソフトウエアを複製することができます。ただし、お客様のデータバックアップを目的とした複製物は、バックアップしたデータを復旧する場合を除いて、お客様の保有するものであると第三者の保有するものである、とを問わず、いかなるコンピュータ上においても並行して試用または使用されないことを条件とします。お客様は、本ソフトウエアを、バックアップする目的以外の複製を行うことはできません。お客様は、本ソフトウエアをお客様の所有する他のサーバーコンピュータに移管することができますが、本ソフトウエアは、移管前のサーバーコンピュータからすべて消去されなくてはなりません。

3-2.頒布・送信の禁止

お客様は、本ソフトウエアを第三者に対して頒布、送信(自動公衆送信、送信可能化を含む)等を行うことは一切できません。

3-3.貸与、担保設定、転売等の禁止

お客様は、本ソフトウエアの貸与、リース、担保設定等を行なうことはできません。また、本ソフトウエアを試用する権利を譲渡、転売、付与、あるいはその試用を再許諾することはできません。よってお客様はいかなる状況においても、お客様以外の法人または団体の従業員および構成員、その他個人に対して、本ソフトウエアを試用する権利を与えることはできません。

3-4.リバースエンジニアリング、逆コンパイル、逆アセンブル、改変等の制限

お客様は、本ソフトウエアをリバースエンジニアリング、逆コンパイル、逆アセンブル、修正、改変、または本ソフトウエアの派生ソフトウエアを作成することはできません。また、本ソフトウエアに関するドキュメントを修正、翻訳することはできません。また、本ソフトウエアは1つの本ソフトウエアとして許諾されており、お客様はその構成部分を分離して試用することはできません。ただしお客様は、お客様ご自身が利用するためにのみ、本ソフトウエアの修正、およびそのためのリバースエンジニアリングを行うことができます。

3-5.その他

本契約書は、お客様に対し、OSKまたはサイボウズの商標、サービスマークの使用、その他関連した権利を許諾するものではありません。本契約書で明記されていない権利については、OSKまたはサイボウズに留保されます。

4.本契約の解除

(1)お客様が本契約の条項および条件の1つにでも違反した場合、OSKは本契約をなんらの催告なくして即時解除することができます。

(2)本契約が解除となった場合、お客様は、本ソフトウエア製品、構成部分、ドキュメント、ならびにその一切の複製物を破棄、コンピュータの記憶媒体上から完全に消去し、試用または使用を継続してはなりません。

(3)本契約の解除に伴って本ソフトウエア製品の全部または一部が利用不可能となることによって、お客様ならびに第三者が被った損害等について、OSKは一切責任を負いません。

5.保証の制限

お客様は、本ソフトウエアの試用に基づいて発生した一切の直接・間接の損害(データ滅失、サーバーダウン、業務停滞、第三者からのクレーム等)ないし危険はすべてお客様のみが負うことをここに確認し、同意するものとします。OSKは、本ソフトウエアに含まれた機能がお客様の要求を満足させるものであること、本ソフトウエアが正常に作動すること、本ソフトウエアに瑕疵(いわゆるバグ、構造上の問題等を含む)が存していた場合に、これが修正されること、のいずれも保証いたしません。また、OSKのいかなる口頭または書面によるいかなる情報または助言も、新たな保証を行ないまたはその他いかなる意味においても本保証の範囲を拡大するものではありません。本ソフトウエアに瑕疵が発見された場合、お客様が、すべてのサービス修理または修正に要する一切の費用を負担するものとします。OSKは本ソフトウエアに付随するサービス等についてお客様の事前の許可なく変更・中止する場合があります。本契約締結時における本ソフトウエアと同等の使用環境を永続的に保証するものではありません。また、本ソフトウエアの製品版において、本ソフトウエアと同等の仕様・機能を保証するものでもありません。

6.責任の制限

いかなる場合であっても、不法行為、契約その他いかなる法的根拠による場合でも、OSKおよび本ソフトウエア製品の供給者、再販売業者、ならびに各情 報コンテンツの提供会社は、お客様その他の第三者に対し、営業価値の喪失、業務の停止、コンピュータの故障による損害、その他あらゆる商業的損害・損 失等を含め一切の直接的、間接的、特殊的、付随的または結果的損失、損害について責任を負いません。さらに、OSKは、第三者のいかなるクレームに対しても責任を負いません。本ソフトウエア製品に付随する各サービス等をご利用になる際は、別途各サービスの規定にしたがって取り扱われる場合があります。また、各情報コンテンツの提供会社によって提供されるサービス等のご利用については、お客様と各情報コンテンツ提供会社との間の契約に基づくものとします。

7.著作権等

(1)本ソフトウエア製品(HTMLプログラム部分および各画面表示部分を含む一切)、本ソフトウエア製品に関する文書、図面、ドキュメントなどの文書に関する所有権、著作権をはじめとするその他一切の知的財産権(以下、「本件知的財産権」といいます。)は、OSKおよびその供給者に帰属します。

(2)本件知的財産権は、著作権法およびその他の知的財産権に関する法律ならびに条約によって保護されています。したがって、お客様はこれらを他の著作物と同様に扱わなければなりません。

(3)本ソフトウエア製品からアクセスされ表示・利用される各コンテンツにつ いての知的財産権は、各情報コンテンツ提供会社の財産であり、著作権法およびその他の知的財産権に関する法律ならびに条約によって保護されています。

8.準拠法および雑則

(1)本契約は法の抵触に関する原則の適用を除いて日本国の法律を準拠法とします。

(2)本契約書ないし本ソフトウエア製品に関して紛争が生じた場合には、訴額に応じて、東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第一審管轄裁判所とすることにお客様もOSKも合意するものとします。

9.その他

お客様が入手した本ソフトウエアに、本契約と異なる条項の試用許諾契約が添付されている場合は、お客様による本ソフトウエアの試用には、本契約が優先して適用されるものとします。本契約は、両当事者間の試用許諾に関する唯一の合意であり、両当事者の署名または記名および捺印ある書面によってのみ、変更することができます。